太陽光発電のローンとは | ソーラーパネルの羽

太陽光発電のローンとは

それぞれの金融機関は、太陽光発電システムの設備を購入するための資金として利用するためのローンを提供しています。
このローンは、「ソーラーローン」と呼ばれることもあり、住宅ローンやリフォームローンの中に含まれます。
大手金融機関の太陽光発電システム導入のソーラーローンの特徴を見て行きましょう。

三菱東京UFJ銀行の太陽光発電導入のためのローンは「リフォームローン」という形で提供されています。
金利は1.99〜2.49%で変動、最大借入金額は1,000万円、最長借入期間は15年となっています。
イオン銀行の太陽光発電ローンは「ソーラーローン」という名称です。
金利は固定で2.65%、最大金額は1,000万円、最長期間は15年までとなっており、三菱東京UFJ銀行のリフォームローンと同様です。
JAバンクの太陽光発電ローンは「リフォームローン」であり、金利は地域によって異なりますが2.2〜4.5%の間となっています。
最大金額1,000万円で最長期間は15年です。

ローン払いができる販売店を探すという方法もあります。
販売によっては、金融機関と提携しています。
そのため、ローン払いも可能としているお店が多いのです。
他にも、少々珍しいパターンではありますが、金融機関が提携している販売店やメーカーと契約した人に対して特別金利のローンを提供している場合もあります。
現在は行われていませんが、以前ジャックスが指定の太陽光発電システムを購入した人だけに低金利の太陽光発電ローンの提供を行っていました。
新生銀行グループではショッピングクレジットで太陽光発電システムの料金を払う事で、Tポイントをプレゼントするというサービスもありました。

大手金融機関が扱っている太陽光発電のローンを紹介しました。
金利については銀行によって異なりますが、最大金額1,000万円や最長期間15年など、大きな差はありません。
基本的に、太陽光発電システムの設置時に利用したいローンは、住宅ローンに含まれる形のローンです。
太陽光発電システムは投資でもあるため、無理なく返済できる範囲でローンを組みましょう。

新着情報

太陽光発電ローンのシミュレーションの重要性

太陽光発電のローンを組む際に気になるポイントは、太陽光発電を設置することによって電気代が節約できる、電力を売る事によって得られる収入の額です。
この金額が、ソーラーローンの金利でいくら相殺されてしまうのか、太陽光発電を設置する際の費用を回収するまでの期間がどれほど伸びてしまうのか、シミュレーションをしなければならない不安要素が沢山あるでしょう。
≫ 『太陽光発電ローンのシミュレーションの重要性』

ソーラーパネルの仕組み

ソーラーパネルは、太陽電池パネルと呼ばれることもあり、太陽の光で発電するためのパネルです。
ソーラーパネルの仕組みは、太陽電池を集め、アルミなどで作られた枠などに入れてパネルにしたもの。
太陽電池1つの発電量は小さいものの、沢山の電池を並べる事によって十分な発電力を得る事が可能です。
≫ 『ソーラーパネルの仕組み』

太陽光発電のおすすめ一括見積りサイト

太陽光発電を導入する場合、1社だけに限定し、すぐに施工に入るという方はいないでしょう。
見積もりを行い、入念な準備、検討を行った上で契約をするはずです。
見積もりをする場合は、大手の会社をメインに一括見積りを請求することで、費用の支払いなども選ぶことができるようになります。

太陽光発電ログ:おすすめの太陽光発電一括比較見積サイト

≫ 『太陽光発電のおすすめ一括見積りサイト』